修復歴あり中古車のデメリット

影響が残っている可能性がある

中古車の中には、修復歴ありの状態で販売しているものがあります。修復歴とは、骨格部分の補修や交換が行われたことを指し示す言葉です。ワケありの中古車として認識され、相場よりも安値で販売されているのが魅力です。しかしデメリットとして、使用に伴う何らかの不便が生じる可能性がある点に注意も必要でしょう。例えば、ハンドルを離すとまっすぐ走らない、異音がする、振動を感じるなど、正常な車では起こらない症状が出る場合があります。また今後、乗り続ける中で、状態が悪化する可能性もゼロではありません。こうした症状を確認するには、販売店に詳細を尋ねるのはもちろん、実際に試乗をさせてもらい違和感なく乗ることができるのか、自身でも入念なチェックを行いましょう。

乗り換え時に困ることも

修復歴ありの中古車を検討する場合は、売却時のことも視野に入れるようにしましょう。というのも、修復歴ありの車ですと買取や下取りの際に不利になる可能性が高いからです。リセールバリューが低いことから高価買取にはあまり期待ができず、新しい車を買うための金策にはなりにくいことが考えられます。たとえ微細なダメージだとしても、修復歴ありに該当するというだけで、査定価格はガクンと落ちる傾向が強いです。また、お店によっては修復歴ありの中古車を買取不可としていることもありますので、売却そのものが難しくなる場合もあるでしょう。しかしながら乗り潰すことを前提の購入ならば、必ずしもデメリットにはなり得ないとも言えそうです。